小学生の無料学習プリント 更新情報

小中用の無料学習プリントサイトを運営しています。更新情報や勉強法などを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もったいない

最近家庭教師が増えてきたので、あまり塾には行ってないのですが、少しだけ春期講習のコマを持っています。
どうも先生が足りない所に割当てられているようで、最初の予定なんて変更されているし、塾に行く度に、今日はどの生徒が担当だろうとドキドキ(爆)小学生が当たるか高校生が当たるか行くまで分からないなんて、こんなんでいいのでしょうか?

春期講習だけとりあえず来ている小学生も何人かいるのですが、困るのが教材がないこと。
何も教材を用意してないので、塾にあるテキストを生徒と話してからコピーをするので、それで授業をするまでに10分くらいロス。教材を用意してないなら、せめて学校の教科書や家にある問題集くらい用意するように事前に言っておいて欲しいです。塾にある教材は使えないのばかりだけど、まだ業者の春期講習用のテキストがあればましなのに・・・どうも生徒数減少で外部生には教材費を請求出来ないような感じです。
コピーをいっぱいしてると、また次の授業は担当講師が違うのだから、こちらが意図したように進めてくれるとも限りません。

また、最近は都立の中高一貫希望者が多いみたいで、作文の授業などを他にやっているようですが・・・学校でやっているレベルが90点以上取れるような子じゃないと、都立の中高一貫にあるような問題をしっかり考えるのは不可能じゃないかなと思います。今から対策をするより、私立中学を受験出来るくらい、まずは総合的な学力をあげるべきです。何コマも対策授業を取っているなんて、もったいない・・・と思ってしまいます。

学力不足な子が多い中、今日はじめて担当した新小6生はすごくよく出来てました。
今まで受験勉強はしてなかったようですが、このくらい出来ていれば、今から準備をしても、中堅レベルの中学は受かるんじゃないかと思います。本人はまだ受験を迷っているようでしたが・・・
で、受験でどのくらいの勉強をするのか体験させればいいという、室長の話なので、じゃあ5年生の四谷大塚の予習シリーズがいいと言ったのですが、在庫がないと言われてしまいました。塾にある他の教材じゃ、使えるものが何もないのに・・・いきなり6年生は出来ないし、仕方ないから4年生の下をやらせたのですが、このくらいのレベルなら学校で習ってないような分配算の問題もすんなり理解していました。やっぱり5年生をやらせたかったなあ。もったいない・・・

こういう学校の勉強が完璧に出来るタイプの子は、家で自分で予習シリーズなどの受験教材を出来ると思います。それこそ塾はテストを受けるために、必要最小限に通えばいいし、テストを受けるなら個別指導なんかに来ていてはダメですよね。
4年生から塾に通っていても、ここまで出来るようにならない子が多いし、やっぱり向き、不向きもある気がしてしまいました。本人はそれほど受験にこだわってないようだし、受けない可能性も高いですけどね。多分公立中学に行っても余裕でトップで高校受験も苦労しないでしょう。

なんだか、必死になる方向が世の中間違っているかもと思ってしまいます。
スポンサーサイト
[ 2007/03/30 01:21 ] 過去記事 | TB(0) | CM(0)

ずっと1人でしゃべってる講師

昨日は午前中に塾で春期講習の授業をしていました。
個別指導でパーティッションで仕切ってあるので、他のブースの講師や生徒の声も聞こえてきますが、勉強をしている声なら、そんなに気にならないものです。講師と生徒の雑談も全部聞こえてきてしまうこと。ま、全然雑談がない授業もつまらないので、少しくらいならいいのです。
昨日はかなり不快になったのは、後ろのブースの講師が、1時間くらい一人でよく聞こえる声でずっと話していたこと。内容は今度中3になる生徒に対して、高校受験のことを教えてあげるよー みたいな話だったのですが。しかし話の内容はどこどこの高校がどうだとかいう噂話レベルのことで、そんなの友達同士で情報交換出来るだろ?ってレベルのことばかり。あげくの果てには芸能人の噂話になってるし。
授業時間が1時間半しかないのに、1時間も一人で話していたら、勉強する時間なんてなくなります。高校受験の指導をするなら、1年でどのくらいのことをして、毎日どのくらい勉強するか?というカリキュラムを作ってやるのが、仕事だろうに・・・
しかも1対2の授業だから、その間もう一人の生徒はほったらかしです。その子小学生でほっておかれたら適当にのんびりやっているタイプであまり苦情も出ないのかもしれませんが。でも、そんな状態で中学受験の勉強なんて無理でしょう。

なんかイライラしていて、私の担当が慣れている生徒だったので、「よくずっと喋っていられるよね」ってボソっと言ってしまったら「あの先生、いつもそうだから。前もあれですごく嫌だったから、変えてもらったんだよ。」って小さい声で話してました。
苦情が多くて、絶対嫌だって生徒が多い講師なのですが、根本的に人手が足らないので、辞めさせる訳にもいかないようです。素直で親からも苦情が出にくい生徒がその講師に割り振られている感じです。
この塾は保護者が強いか生徒が頑固なタイプじゃないと、当たりを引けないみたいなところがあるのですよね。

多分年齢も室長の倍くらいあるからか、室長も強く注意もしないようで・・・

その前の授業も聞こえてきたのですが、理科を教えていたのか、聞こえてきたのは、答えあわせの解答読みばかり。この人解説ちゃんとしないのか?と思ってしまいました。

私も指名を一コマ残しただけで、後は他の教室で入ることにしましたし、他にも生徒に人気のある講師は辞めて、そうじゃない人が残っているようで。なんか先は短いかもなと思ってしまいました。


[ 2007/03/27 16:02 ] 過去記事 | TB(0) | CM(0)

教育産業の宣伝

最近のメディアは私立受験や塾など受験産業の話題がやたら多い気がします。
確かに、ゆとり教育は問題もあるし、公立で授業崩壊もしてる所もあるし、いろいろ問題もありますが・・・なんか私立に行かなきゃダメだとか、塾に行かなきゃ大変だとか、どうも煽られている人が多いような。

確かに中学生に話を聞いていると塾に行っている子が多いのですが、東京でも公立で塾も行かないで学校の成績がいい子は存在するのです。「友達の○○ちゃんは、塾も行ってないし、ガリ勉してないのに、成績はほとんど5で推薦で都立の○○高校入ったんだよー 頭の出来が違うよねー」なんて前に生徒が話してました。頭の出来の問題ではなく、その子は学校の成績でしっかり5を取る技術を分かっていたのだろうし、それは塾に行けば身に付くことでもない気がします。話を聞いていると、それほど難関校を目指すわけではなく、入学すれば上位をキープ出来る所に入ったようなのです。

難関校に入ればいいとか、私立に入ればいいとか、そういう問題じゃない気がしてしまいます。
現実、私立に入ってもついていけなくて苦労している子をたくさん見ていますし、公立でも自分で勉強する子は伸びるし、勉強以外でもスポーツなど得意なことがあれば、高校も大学もすんなり入れます。

だいたい私の時代でも、学校は荒れていたし、中学のときも授業崩壊して半分自習になっていたりしていたかも・・・勉強は家でやるもんだと思って、家でやってましたし、高校受験は放課後友達同士で教えあったりしてやってました。
教科書の内容は薄くなってるかもしれませんが、何もかも悪くなっているわけではない気がします。最近は学校でボランティア体験や職業体験があったり、英語はネイティブの先生の授業があったり男の子もしっかり家庭科をやったり・・・私の時代より楽しそうな授業も増えてますよね。

小学生から加熱する受験競争を見ていると、やっぱり変だと思ってしまいます。
[ 2007/03/21 11:56 ] 過去記事 | TB(0) | CM(0)

中学生になる前に地図を覚えさせて・・・

最近の子が地理が出来ないのはよく分かってましたが。
英語の時間に、ある生徒が室長から社会の宿題を出されていたので、気になっていろいろ聞いてみたら、びっくり。
日本の隣の国を指差していって、韓国、北朝鮮・・・までは合っていたのですが、中国の位置を指差してオーストラリアと言っていました^^;
アメリカはどこ?と聞いたらブラジルのところに指が。
日本地図を見ても、東京の場所も分からない。彼女の頭では東北地方に長崎があって、東京の上に新潟があるらしい・・・・

「私ってバカだよねー」と本人は言ってましたが、数学は良く出来るし、頭の回転もはやいし、決してバカではありません。
オーストラリアと、四国って形が似てるでしょ?なんて話をしていたら、ホントだーって喜んでいたのですが。
これは中学3年になる前にやることじゃなくて、小学校でやることです!

小学校にも責任があるかもですが、日本地図でだいたいどこに何県があるかとか、世界の主要国がどの辺にあるかなんてことは、親が教えるべきことじゃないでしょうか?

教えてる暇がないなら、トイレに分かりやすい日本地図と世界地図を貼っておいてください。

今度トイレに貼る日本地図と世界地図っていうのを配布用に作ろう。
[ 2007/03/20 01:17 ] 過去記事 | TB(0) | CM(0)

距離感

今日塾に行ったら、教室のレイアウトが変わっていました。
生徒も講師も増えてきたので、机や椅子の数を増やしたみたいですが、室長席と授業をするブースが遠くなって、なんか距離感みたいなものが・・・

しばらく、インフルエンザで休んでいた生徒の授業を久しぶりに担当したのですが、休んだ振替を他の講師がやっていたようで、とても出来ない宿題を大量に出されたようで、10%くらいしかやってませんでした^^;しかも、高校生に中学生の内容の宿題。彼女、英語は確かに苦手なのですが、学校の成績も悪くなく、高校レベルの文法を教えていても十分ついていけるので、中学生まで戻らなくてもいいのですが。英語が嫌いな子を基礎からやり直しとか言って、中学レベルまで戻すと返って拒否反応を起こしてやる気をなくします。be動詞と一般動詞の区別がつかないレベルでしたら、中学からやり直した方がいいけど、そこまでひどくなければ、高校文法基本とプラス長文読解を多くやって単語力を伸ばすというやり方にしないと、いつまでも英語が出来るようにはならないのに・・・

で、他の先生に化学を習ったけど、どうもよく分からないとボソっと言われました。普段英語を担当しているのに、春休みの担当は化学になってしまいそう。英語は大量に宿題を出した先生が担当になるみたいだし・・・仕方ないから、英語は春休みにやるべきことを全部決めておきました。そうでないと、また的外れなことをやって、何も成果がなかったことになりそうで不安になってしまいました。で、普段どんな風に勉強しているかとか、数学や英語の勉強のやり方、大学受験にどのくらいのレベルが必要か・・・なんて話をして、彼女から「なんか勉強する気になった」って言葉を貰って、とりあえず安心。
そんなことをやってたら、授業時間は平気で30分くらい延長^^;
他の講師はさっさと帰るのに、なんか、いつも長々サービス授業をやってしまう私。

生徒は素直な子が多く授業は楽しいのですが、なんか今の塾に違和感があるのは、室長や他の講師とすごく距離があるように感じることかもしれません。人数が少ないうちは、講師の教え方とかも、チェックしていた室長も、事務作業に追われているのか、全く授業を見てない様子。
そろそろここも辞め時かな?と、他の塾講師募集をいろいろ見ているのですが・・・
常勤、非常勤とも、この業界は一部の大手以外は、待遇がいい所は少ないですね。家庭教師を掛け持ちしてた方が、よっぽどいいかもって感じです。

お金が全てじゃないのかもしれませんが、やっぱり仕事に見合った報酬が貰えないと、講師はやる気にならないと思います。

お子さんを塾に通わせるなら、まず塾の講師や社員の顔をよく見て下さい。
なんだか疲れていませんか?

まなびのメールマガジンで塾の選び方や算数の勉強方法などのコラムを書いています。是非読んでみてください。
こちらで無料登録出来ます→まなびのメールマガジン~くじら先生の国語勉強法~
[ 2007/03/20 01:03 ] 過去記事 | TB(0) | CM(0)

できるだけ塾に通わずに、受験に勝つ方法

本屋をうろうろしていたら、タイトルが気になった「できるだけ塾に通わずに、受験に勝つ方法」立ち読みしていたら面白かったので、買ってしまいました。

できるだけ塾に通わずに、受験に勝つ方法できるだけ塾に通わずに、受験に勝つ方法
松永 暢史

扶桑社 2007-02
売り上げランキング : 14572

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最近の、「いかに塾に生徒を引き止めるか」みたいな営業方法に「?」と思っていた私には、うんうんと思うところが多い内容でした。ところどころ、そこまで親が出来れば、塾なんてなくなるのに・・・と思う所もありましたが、「塾」は「受験産業」であるということを、しっかり理解して上手くつきあっていかないと、言い方は悪いけど「いいカモ」にしかならないのは事実だと思います。
もちろん、塾はいい所もありますし、学校でそこまで補えないのが現在の教育の現実なので、「出来るだけ行かない方がいい」という言い方になってしまうのですよね。

毎年私は、受験直前は、風邪を引きに来るだけだから、塾は辞めて家で勉強した方がいいと思っています。必要な基礎事項や、受験勉強のやり方は、夏休みまでに身に付いているかどうかが勝負で、後は過去問をやるだけだから、家でも出来ます。でも、それを言ったら利益が出ないのが受験産業。受験直前ほど、やっても無駄だと思うほどのコマ数を詰め込んできます。
どうやって、少ない投資で上手く塾を使うかを考えるべき時代なのかもしれません。
かなりおすすめの一冊です。

家庭教師の派遣会社

現在、家庭教師の派遣会社に3社ほど登録していますが、実質仕事を受けているのは1社のみ。後は、依頼が来ても、営業さんとスムーズに連絡が取れない、曜日が合わないなどで、断っているうちに何も連絡が来なくなってそのままって感じです。
後は、仲介専門の所に登録して直契約でたまにやっていますが、直契約だと、先方に気を使ってつい安くやってしまいます^^;だから、派遣会社でやっている方が時給はいいのですが、中間マージンをかなり取っているので、家庭の負担はかなりかかってしまいますよね。今登録している業者だと、だいたい月謝の40%くらいは業者に入っているでしょうか?これでも、良心的な方だと思います。社会人か経験者しか登録出来ないし、新規の依頼の場合は、先方にこまめに連絡を取ってくれるし、営業時間は必ず連絡が取れるので、何かあっても安心です。
ある派遣業者は、地区の社員が1人しかいないのか、依頼の留守電が入っていていて、こちらからかけ直すと、出るのどうも電話応対の代行業者・・・人件費を節約しないと、低料金でやっていけないのは分かりますが、これでは不安になってしまいます。

今生徒を紹介してもらっている所は、中学受験専門の所なのですが、今日そこから郵便物が届いていました。何かと思って開けてみたら、知り合いに先生がいたら紹介してくださいというお願いでした。
最近、随分遠い所から依頼があって断ったりしていたので、本当に足りないんだと思います。こんなに中学受験がブームになったのは最近のこと。中学受験経験者か、塾で中学受験の生徒を教えたことがないと、中学受験の指導は他の受験生より難しいと思います。しかも、相手はまだ試験慣れしてない小学生。試験でいい点を取る勉強を身につけさせるのは大変ですよね。
また、4教科受験が増えてきたので、国語や算数をやっているだけじゃ足りません。中高生に物理や化学を教えている私でも、中学受験の理科はかなり難しいなと思ってしまうので、あれを教えることの出来る人材は少ないかも。

また、一人の先生が、1週間に教えられる人数は5、6人が限度です。どう考えても、家庭教師の人数は足りなくなるでしょうね。

だいたい、派遣会社に行っても、30分くらい面接して、ほとんど採用になります。今後需要が増えて、人数が足りなくなったら、あまり考えす、誰でも採用になってしまうのではないでしょうか?

こんな状態なので、家庭教師をお探しの方は、いい先生を探すためにも、経済的にも直契約が一番いいいと思います。直契約のやり方の話はまた今度書きます。


[ 2007/03/14 16:42 ] 過去記事 | TB(0) | CM(0)

小学生の通塾が増えてます

 最近、個別指導塾の方は小学生の入塾が増えています。中高生はそんなに増えてないのですが、来るのは小学生ばかり。数年前までは、小学生が2割、中学生が5割、高校生は3割くらいだったのに、今は小学生5割、中学生4割、高校生1割って感じかも。今の小学生って少子化で人数が少ないはずなのに、何でこんなに塾に来るのだ??ってびっくりしてしまいます。
 受験組も少なく、ほとんどが学校補習組。先日入塾希望の新小学6年生のお母さんと塾の室長さんとの面談が聞こえてきたのですが、受験したい気持ちも少しあるようなお話でした。学校の成績はいいようなのですが、うちの室長さんは、「しばらくお預かりして、算数のなんとか算とかの適応があるか見て・・・」なんてことを言ってましたが、小6の夏くらいから受験しようなんてレベルなら、算数の特殊算なんてそんなにやる必要ないのだから、また的外れなこと言っているなと。それより、今の時点で模試で国語が点数取れるかどうかの方が大事なんだから、とりあえず、4月の首都圏模試を受けてみて、現実を見てから考えさせた方がいいのでは?と思ってしまいますが。

 学校補習でも小学生が塾に来るのはいいのですが、取るのは算数や英語ばかり。国語をやるのは、授業のおまけみたいになる子が多いし、小学生の場合個別に来るとテストもないので、家でちゃんと勉強する習慣がない子は、宿題も碌にやらずにたいして成果も出ません。
 英語をやりたきゃ、小学生のうちは安い英会話学校でも行った方がいい気もしますし、受験目的でないなら、まずは家でしっかり勉強する習慣をつけさせてから、本人が行きたいと言えば塾に行くくらいじゃないと、なんとなく来てるだけになってしまう子が多いし、教えてる方も、いやいや来てる子は大人しく90分間座らせてることに苦労するだけになりがちです。

今の所小学生の担当は、大人しい女の子だけなので楽なのですが・・・
[ 2007/03/09 15:05 ] 過去記事 | TB(0) | CM(0)

都立高校は全員合格!

 今日は都立高校の合格発表でした。自己採点の結果を聞いていて大丈夫だろうとは思っていましたが、今日塾に行ったら全員合格という結果を聞いて、一安心。担当生徒はしばらく塾に来るというので、高校の予習と高校から出る宿題の手伝いをしなければなりません。中堅レベルの進学校が多いので、合格しても、宿題の量は多いし、教科書を貰ったら高校のペースについていけるように、予習をさせておいた方が、後が楽なんですよね。

 ま、高校入試は大概の子はどこかには合格するのでいいのですが、怖いのは、来年の中学入試。家庭教師で受験生を2人持っているので、そっちの方が大変です。
 今日も家庭教師先のお母さんと、4教科受験にするかとか、いろいろ話し合ってきました。
 その時に近所の今年受験をした子の話をしていたのですが、4年生からハードな受験勉強をしていても、安全圏の学校も全部落ちて合格したのが公立の中高一貫校だけだったとか(結果的には良かったと満足されてるようですが)中学受験って大変だなあと思ってしまいました。
 
 これに比べれば、うちの高校受験生達は、冬休みくらいにやっとエンジンがかかった子もいて、かなり呑気でした。本当にみんな受かって良かったです。
 
[ 2007/03/02 00:34 ] 過去記事 | TB(0) | CM(0)
塾に頼らない小中学生の学習法
スポンサードリンク
スポンサードリンク
FC2ブログランキング
プロフィール

ペンギン

Author:ペンギン
30代 東京都在住 女性です
副業で5年以上、学生時代などを含めると,10年以上家庭教師と塾講師をやってきました。
この仕事をしていると時代の移り変わりを感じます。子供達の本質は変らない気がするのですけど・・・
担当教科は小中学生は全教科 高校生は、英語、数学、物理、化学を教えることが多いです。たまに古典とか回ってきますが^^;
英語資格は現在 英検準1級 TOEIC 890点です



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。