小学生の無料学習プリント 更新情報

小中用の無料学習プリントサイトを運営しています。更新情報や勉強法などを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

算数は基本が大事

中学受験塾(Y学院の提携校)に通っているお子さん2人の家庭教師をしていますが、最近算数の成績が上がってきてほっとしています。
1人は6年生でもともと自分でしっかり勉強しているし、国語の成績も良かったのですが、私が行く前は算数の成績が下がりっぱなしで、偏差値も40切りそうな感じに。
どうも毎回全ての問題を理解しようとしすぎて、基本の解き方を忘れてしまっていたようなので、基本的なことだけを毎回やり直すようにしていたら、2ヶ月くらいで50台になりました。

もう1人は5年生なのですが、塾に入ったばかりで、最初はペースについていけなかったよう。もともと計算は得意なのですが、公式の暗記や文章題のやり方を覚えるのが最初はきつそうだったのですが、小問を何度やり直しているうちに、受験算数に慣れて来た感じです。最近は消去算もすらすら解いていたので、これなら大丈夫と一安心。

とりあえず、成績が安定するまでは基本のやり直しなんだなと思いました。
スポンサーサイト
[ 2007/04/19 15:41 ] 中学受験について | TB(0) | CM(2)

家庭教師の面接に行って来たのですが・・・

 今日、派遣会社から新規の生徒さんの紹介があって、面接に行ってきました。
 しかし中学受験専門の家庭教師派遣会社に私立高校生の依頼。家庭教師派遣会社の方も、卒業生専門コースも作っているようですが、小学生対象の派遣会社でそんなに高校生に対応出来る講師はそんなにいないと普通は考える気がしますが・・・

 とりあえず、依頼内容は化学が分からなくなってきたので教えて欲しい、という内容だったので、てっきり私立だし高1レベルの化学が進んでいて分からなくなっているのだと思っていました。
 で、実際体験授業もするかもしれないということで行ってみたら、生徒は化学の教科書、ノート、問題集は学校に置きっぱなしで用意してないので唖然としてしまいました。しかも、最近高校レベルの化学の授業は始まったばかりだそうです。お母さんが授業についていけないんじゃないかと不安になっているだけのようで。
 高校生になって、こんな受け身で勉強していてはいけないと思います。とりあえず、自分で頑張って勉強して、分からなくなったら家庭教師を頼むというならまだいいのですが。学校の点数が悪くなっているわけでもないのに、何で自分で勉強してみようと思わないのでしょう?

 化学だけで手持ち無沙汰になったら、数学でも教えればいいかと思っていたのですが、数学は別に家庭教師が来てるそうです。高校数学を教えられる先生だったら、高校生の基本化学を教えられないのか???って気持ちに。全教科型で自力で勉強させるのがモットーの私には別の先生が家庭教師をやっている家というのは、正直やりづらいなと思ってしまいます。
 他に教材もないので、仕方ないから、問題集だけあった物理を少し教えました。簡単な問題は頭で計算してもだいたい解けるのですが、最近高校生の物理なんて教えてなかったから、応用問題が1問分かりませんでした^^;私、大学は物理専攻だったみたい(?)ですが、高校生の公式当てはめてって物理は結構覚えてないと忘れちゃうし難しいんです。化学の方が理論通り解いていけばいいし、結構塾でも教えていたので、最近は高校化学の方が楽です。

 お母様が私が分からなくなっている授業を後ろで見ていたので、きっと頼りなく感じてくれたでしょう。これは多分断ってくれるんじゃないかと期待しているのですが・・・
 生徒と話をしている感じでは、頭は良さそうなのですが、家庭教師が来ないと自分で勉強しないなんてことを、呑気に話していましたし、無駄に家庭教師をつけても本人のためにならないような気がしてしまいました。少しは自分で努力して勉強した方がいいよと言う前に、じゃあ派遣会社の方に連絡しますので、みたいな感じで面接も終わってしまいましたし。
 こういうパターンは例え指導を始めても長続きした試しがないので、私には多分無理です。ただ、10代の子とは思えないような、あまり輝きのない目をしていた彼女のことが気になってしまいます。

 まだ新築で、おしゃれな家出した。しかも子供部屋までエレベーターが直通。いかにもお金持ちな家なのに、なんだか無機質で活気がないように感じました。前の週に指導を始めた、決して大きくて綺麗な家ではないけど、お子さんが3人いて、犬もいて、家族が活気に満ちた雰囲気の家とつい比べてしまいます。
 いろいろな家庭に行く仕事なので、家庭環境の違いみたいなものを、いろいろ考えてしまいます。
お金があったり、お金をかければ子供が活き活きしてるというわけじゃないのですよね。

 向こうから断ってくれる可能性が高いけど、とりあえず、今夜になって新しい予定が入ってしまったことにして、断ろうかと思ってます。
[ 2007/04/16 23:59 ] 過去記事 | TB(0) | CM(0)

1対2は効率が悪い

個別指導の塾で本当に1対1で授業をしている所は少数だと思います。というのも、1対1だと、経営する方はかなり授業料を高額にしないと成り立たないから、効率が悪くなるからでしょう。集団授業+個別という形式ならまだいいと思いますが個別だけの塾では講師1人に生徒が2人とか3人という形式が一般的です。

でも、生徒2人に一度に教えるのは、細かい所に目が行き届きにくいし、国語や英語の長文を教えようと思ったら、片方の生徒はほったらかしになってしまいます。結果的に数学の計算問題や英語の文法問題ばかり解かしてしまうことに。

考えたら、ほっておかれても、どんどん問題を解けるような子でしたら、個別指導塾なんて来る必要もないですよね。集団塾か、家で勉強して分からない所を誰かに聞くだけで十分です。
本当に個別指導が必要な子は1対1じゃないと、しっかり見てあげられないし、1時間半塾に来ても実質40分くらいしか中身のある勉強はしてないかもしれません。
しかも机の真ん中に座って両端の生徒の勉強を見るという形式なので、片方の解説に時間がかかると、もう一人の生徒が分からなくてボーとしてることに気づかない時もあるのです。

これでしたら、7、8人の集団授業の方が全体を見渡せるので、ついていけてない子はすぐ分かるし、その生徒の所にすぐ行くことも出来ます。1対2の個別授業より、まだ少人数の集団授業の方がましかもしれないと最近思います。
[ 2007/04/11 14:10 ] 塾は必要か? | TB(0) | CM(0)

理解は後回しになることも

 私はやっぱり理系脳なのか、子供の頃から算数や数学の問題はしっかり理屈が分からないと嫌になる方でした。高校生の時も、物理の問題は公式の導き出し方に凝ってしまって、問題の解き方を練習してなかったから、テストの点数が散々だったことも^^;
 ほとんどの子が数学者や物理学者になるわけでないので、とりあえずテストで点数を取るには、理屈は後回しで公式を覚えて解き方の練習をした方が早いのですよね。

 中学受験の勉強を教えていると、次から次へと新しいことをやらなければならないので、あまり理屈を教えている暇もないし、教えても小学生だとイマイチ理解してくれないことも多いです。
 こないだは多角形の対角線や内角の和の公式が出て来たのですが、図を書いてこうやって導くんだと見せた所で、まだ小学校5年生になったばかりの子はキョトンとしてしまう状態。とりあえず、公式を教えてそれに代入するという作業の方が楽な様です。これだとテストまで公式を覚えていてくれないと意味がないのですが・・・
 小数どうしのかけ算やわり算なども、何故小数点を動かすのかなんて説明している暇もなく、ただやり方を教え、それを身につけていく作業を繰り返していますが。考えたら小数点を動かす意味なんて、大人でも説明出来る人は少ないのかもしれません。
 学校の教科書で出て来た時に、そうだったのかと気づけばいいし、気づかなくてもとりあえず計算がしっかり出来ればいいのかなと思ってます。

 それでも、いろいろな問題をやっているうちに、問題の意味を理解してきたり、自分なりに解法を考えられるようになっていくようで。
?とりあえず、公式を詰め込んで、理解は後回しな勉強方法もありかなと思っています。
[ 2007/04/10 01:26 ] 中学受験について | TB(0) | CM(0)

子供がつぶれる前に休ませて

昨日、中学受験の進学塾と掛け持ちをして個別指導塾に来ている小6の女の子の授業をやったのですが・・・
実は、彼女半年前くらい前に体験授業をして、その時はそこそこ出来ているなと思っていました。ただ、時間が合わず、別の講師が担当(というか担当がころころ代わっている)になって大丈夫かなと思っていましたが、しばらく見ない間にとんでもないことに。

しばらく、進学塾の方の春期講習で忙しくて来てなかったのですが、その春期講習もあまり分からなかったままだったようで、昨日持って来たのは普段使っているテキスト一冊のみ。とりあえず、最近やった所の基本問題をやってみようかと、やらせてみたら、問題を見てもどうしていいのか分からない状態で、やる気もないようです。
塾でやったテストの問題用紙だけ持ってきましたが、時々書き込んである式をみたら、全く分かってない状態に。

少し話をしたら、進学塾の授業は全く分からない。もう行きたくないけど、親が辞めさせてくれない。計算は好きだけど文章題は嫌だ・・・とポツポツ話していました。
学校でやっているレベルの割合も分かってないし、進学塾ではクラス分けをしているみたいですが、レベルにあった授業をやっていると思えない感じです。

すっかり自信を喪失してますので、このまま無理に通わせても、多分何も身に付かない・・・と塾の報告書に書いたのですが、普段担当している生徒じゃないし、親も本気になって読んでくれるのかどうか。
室長にも、このままじゃどこも受からないって言ったのですが、「そう親にも言ってるんですけどねー」なんて、呑気な返事で。
とりあえず、親の要望だから進学塾のフォローをしてくれと・・・親の言いなりで中学受験が成功するわけないでしょうに。

勉強に対する自信をなくして、受験勉強なんて出来るわけないのです。しかもまだ、小学生なのに。
この子のお父さん、お母さんに直接話せるなら、しばらく塾は休ませて、学校の勉強に集中してくださいと言いたいです。もしやる気が戻れば夏休みからやり直しても、どこか入れる可能性はあるのだから。
小3から塾通いしているのに、なんだか気の毒になってしまいました・・・
[ 2007/04/05 14:49 ] 過去記事 | TB(0) | CM(0)

割合と円でつまずかないために

 新中3の入塾はほとんどないのに、補習目的の新小6が大量に押しかけている個別指導塾・・・

 なんでこんなに新小6が来てるかと思ったら、今までそこそこ出来ていた子が、5年生の割合と円でつまずいて、焦って塾に来ているみたいです。
 割合と円は、元々苦手にしている子が多い単元ですが、最近は割合は百分率の変換くらいしかできない、円の問題は、基本公式に入れる計算は出来ても、複雑な問題になるとさっぱりという子が大量に存在している感じです。
 
 出来ないからといって、慌てて塾に入れる前に、まずは学校の教科書をよく見て下さい。これじゃあ、分からなくなっても仕方ないと思うくらい昔より内容が削られています。
 また、割合を使う具体例がなんだか分かりづらい上に、何割何分何厘の概念は削られている。円の応用問題なんて少ししかありません。教科書に載っている量が少ないということは、実際に学校で勉強する時間が少ないのは当然です。しかも、5年生の最後の方でやるので、時間不足で十分に学校で演習が出来てないこともあるかもしれません。

 だったら、やっぱり塾に行って教えてもらった方がいいのか?って思われるかもしれませんが・・・小学校の算数は決して教えるのが簡単な教科ではありません。スキルがしっかりしている講師でないと、割合の文章題や演習、円の面積の応用は上手く教えられないのです。

 今日、ある新小6の子の授業を担当したのですが、前の授業で別の講師が出した宿題のプリントを見てびっっくり。円周、円の面積の応用問題が宿題になっていたのですが、プリントで解き方を解説したらしく、色が塗ってあったのですが、すごく的外れ。これじゃあ、かなり複雑化させないと解けないだろう・・・ってやり方になってました。講師になって1ヶ月くらいの文系の先生でしたので、任せる方が悪いのかもですが。当然その子は宿題の問題は全然解けずにやってないことに。
 ただ人材が足りてない塾の場合、文系の講師に小学生の算数くらい出来るだろうと担当させるので、こんなことは実はよくあるのです。

 結局、他人任せにしないで、教科書プラスアルファくらいの問題でしたら、お父さん、お母さんが頑張って勉強して、お子さんに教えてあげる方が良いと思います。本屋に行けば、算数の解き方が詳しく載っている参考書はいっぱいあります。子供用に説明してあるのですから、大人が読めば理解出来るはずです。
 中学生、高校生くらいになると、学力の面だけでなく子供が反抗期になり親が勉強を教えるのは難しくなるかもしれないですが、小学生のうちは、是非家庭で努力して欲しいと思います。

 また、割合の問題は具体例が分かりやすい問題からやると良いでしょう。お子さんによっては、もとにする量とか比べられる量などの日本語が、理解しずらく、問題を解く前に諦めていることが。
 文章題が分からなくなっている場合は、教科書に載っている順番通りやる必要もないので、消費税や、実際の割引セールでいくらになるか?など、身近に使われている割合の概念から、問題を出していった方が良いと思います。

 そして、円をはじめとする、図形の問題は、図と式は広いスペースに書いて考えるようにしてください。今日実際に指導したお子さんの例ですが、プリントで、線を引いたりして考えているうちは、全く自分で解法が導けなかったのですが、別紙に図を書いて考えてみたら、自分で解き方が分かるようになってきました。また、途中式を大きく書いていたので、どこで計算ミスをしたか、分かりやすくなり、3.14を含む複雑な計算も、諦めずに最後まで出来るようになっています。
 円の問題は計算ミスをしやすく、それで嫌にやってしまうお子さんも多いですが、粘り強く正答するまで自分でやる訓練が、算数や数学には必要なことです。

 最近のお子さんは「分からない」というより、最後までじっくり考えて解く練習が出来てないことの方が多いと思います。分からなかったら解答を見てやり方を理解する、計算を間違えていたらすぐ自分でやり直す習慣をつけていくことが、一番大切かもしれません。

算数の勉強法はまなびのメールマガジンで連載しています

また、割合の問題は 無料で使える学習ドリルにもあります。是非ご利用ください。
[ 2007/04/03 23:59 ] 算数プリント問題 | TB(0) | CM(0)

80%の子供は塾はいらないかも

学生の頃から塾講師をしてますが、塾に通ってる子供を見ていると、大半の子が塾に来なくてもいい、来ても1ヶ月くらいで後は家で勉強した方がいいんじゃないかと思ってしまうのです。

塾に来ても成績が上がらない場合は、週に2、3回塾に来た所で家庭学習が出来るようにならない、いわゆる「習慣病」なのかもしれません。勉強のやり方を理解して自分で出来るようになる子は伸びますが、この「自分でやる」という意思がない状態では、塾に来ても集中出来ないと思います。あるいは、中学生なのに、小学生レベルからつまずいている場合は、定期テスト対策を重視している塾では、修正が不可能なことも。
どうしても勉強に向かないなら、人生他のことで頑張るという選択肢もあるのだし、まずは家庭でなんとかすべきなんじゃないかと思います。

また、数ヶ月塾に来て、すぐ成績が上がるタイプは、後は必要な教材をスケジュールさえ組んでおけば、塾に通って勉強する必要もない気がします。こういうタイプは塾に居続けると、答えが分からなくても講師に聞けばいいと思って自分で考えなくなってしまうこともありますし、塾に慣れ過ぎて緊張感もなくなってくる可能性もあります。
成績が上がったら「卒業」させてテストだけ受けさせに来る・・・なんて思い切ったことは、経営上塾には不可能だろうなと。

 塾に依存せずに、塾を上手に利用出来るようにしないと、思わぬ損をするのかもしれません。

 そんなことを考えながらまなびのメールマガジンの第18号を発行しました。
最近は、国語の勉強法より、公立中学の過ごし方や、塾の選び方、教育費についてのコラムが増えています。
 興味がある方は是非読んでみて下さい。
[ 2007/04/01 23:33 ] 過去記事 | TB(1) | CM(0)
塾に頼らない小中学生の学習法
スポンサードリンク
スポンサードリンク
FC2ブログランキング
プロフィール

ペンギン

Author:ペンギン
30代 東京都在住 女性です
副業で5年以上、学生時代などを含めると,10年以上家庭教師と塾講師をやってきました。
この仕事をしていると時代の移り変わりを感じます。子供達の本質は変らない気がするのですけど・・・
担当教科は小中学生は全教科 高校生は、英語、数学、物理、化学を教えることが多いです。たまに古典とか回ってきますが^^;
英語資格は現在 英検準1級 TOEIC 890点です



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。