小学生の無料学習プリント 更新情報

小中用の無料学習プリントサイトを運営しています。更新情報や勉強法などを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

算数の学年末の復習のやり方

 2月から3月は、今学年の復習をする時期になります。この時期の復習は新学年になって、分からない所を残さないために大切な時期になります。お子さんが以下のことが出来ているかを確認してあげてください。

1.計算が正確に出来ているか?
 算数の基本は計算です。文章題や図形の問題が出来ないと、そちらの方ばかりに気を取られがちですが、算数が苦手なお子さんほど、基本計算が正確に出来なかったり、時間がかかるため、他の分野も苦手になってしまうケースが多いようです。
 まずは計算問題を確実に出来るようにすることが大切です。

 毎日10分ずつでいいので、計算ドリルなどで復習するようにしましょう。
 計算練習をする時は、時間を計って集中してやるようにしてください。

 計算が正確に出来てない場合は、たし算、ひき算の繰り上がり、繰り下がりを間違えていたり、九九を正確に覚えてないことがあります。1.2年生の計算からもう1度見直してみましょう。
 計算の順序などの基礎もこの時期にしっかりと、確認してください。

 また、筆算をする時に文字が雑だったり、必要な途中式を省いてしまうタイプも、複雑な計算をするようになりと、間違えやすくなります。
 テストを見直して、お子さんがどんなミスをしやすいか確認し、根気よく直していくことも忘れないで下さい。

2. 単位の変換
 算数で最初につまづきやすいのは時計の計算です。1時間が60分で、そこから計算していかないといけないので、10から繰り上がり、繰り下がりで考えることが出来ないため、混乱してしまうようです。これは、お子さんによって理解度が違うので根気よくくり返し練習するしかありません。高学年でも実はよく分かっていないケースがありますので、分数や小数の計算に入る前に、3年生までの時計の読み方、計算はよく復習しておいてください。

 時計と時間の学習が出来るテキスト

徹底反復陰山メソッド時計と時間プリント小学校全学年 (コミュニケーションMOOK 陰山英男の徹底反復シリーズ)徹底反復陰山メソッド時計と時間プリント小学校全学年 (コミュニケーションMOOK 陰山英男の徹底反復シリーズ)
(2009/12/01)
陰山 英男

商品詳細を見る


 1~3年生の時計の問題はこちらにもあります

 また、面積、かさなどの単位の変換も苦手にするお子さんが多いようです。
 基本的なことは、図を書いてしっかり理解して、繰り返し練習する必要があります。
 中学受験をする場合は単位変換が正確に出来ることは必須となりますし、中学、高校の学習でも分かっていないと問題が解けない場合があります。春休みの余裕のある時にしっかり学習しておきましょう。

 面積、かさ、体積の単位


3.教科書レベルの内容を理解しているか?
 最近の小学校の教科書は内容も少なめになっていますので、その気になれば、1、2週間で全部復習出来ます。例題を見ながら、だいたい内容が分かっているかを確認してください。
 教科書に書かれている、算数で使われる言葉を理解することも大切です。

4.問題集やミニテストをやってみる
 1学年のまとめの問題をテスト形式でやってみると良いでしょう。そこで出来てない所を中心に復習しましょう。

 
くもんの小学5年の総復習ドリル 2009年11月移行期版―学習指導要領対応 国語と算数くもんの小学5年の総復習ドリル 2009年11月移行期版―学習指導要領対応 国語と算数
(2009/11)
不明

商品詳細を見る
 

4.余裕があれば予習を
 新学年の4月は行事も多く、すぐにゴールデンウィークに入ってしまうため、のんびりしていると最初の単元でつまずいてしまうことがあります。高学年以上でたら、春休みのうちに自分で参考書などを読んで予習する練習もしてみましょう。
 
スポンサーサイト
[ 2011/02/18 15:07 ] 算数プリント問題 | TB(0) | CM(0)

中学に向けての英語学習の準備

 小学校での英語の授業の必修化により、小学生のうちに英語に触れる機会も増えています。
 今の所小学校で学習する内容は、英会話教室に通わなくても、英語を学習することが出来るようになったというレベルのもので、学校で習うことに対して、特別に家庭で何かをしなければならないということはないでしょう。
 
 ただ、過去にも小学生のうちから英語教室に通っていて、簡単な会話は出来る、英単語もたくさん知っているのに、何故か中学に入ってから英語が嫌いになってしまうケースが多くありました。
 今後も小学校の英語学習は楽しかったのに、中学に入って英語が分からなくなる、嫌いになるというお子さんが出てくることが多くなるでしょう。

 小学校の英語学習は、英語に触れ、コミュニケーションを楽しむ授業が中心です。しかし中学では、英文法の基本を理解し、読み書きがしっかり出来ないと、テストで点数が取れません。
 つまり、「正確に書く」「覚える」という学習が苦手なお子さんには、英語のハードルが一気に上がってしまいます。

 これを避けるためには、英語の発音に慣れた時点から、少しずつ「書いて覚える」練習をしていく必要があるでしょう。あまり早い時期からやりすぎると、英語が嫌いになってしまいますので、余裕があれば高学年から少しずつ市販の英語ドリルなどで、書いて覚える練習をして欲しいと思います。

 小学生向けのおすすめの英語ドリル
 
小学生の英語ドリル 1小学生の英語ドリル 1
(2009/04)
学習研究社

商品詳細を見る



 *こちらでも小学生向けの英語の無料プリントを配布しています

 また、この春から中学に入学する6年生は、出来るだけたくさん単語を読み書き出来るように練習してください。
 高校入試や大学入試で有理になるのは、文法よりも語彙力です。しかし、学校の授業でまとめて単語を覚える時間はあまりありません。
 また、読めない単語のスペルだけ丸暗記して、英語の綴りの規則性を身につけないまま高校生になってしまうと、余計に単語が覚えられなくなります。学校や市販の教材などで、ネイティブの発音を身につけているうちに、英単語の綴りを覚えていく学習が、一番効率がいいと思います。

小学生向けの単語練習

 
ゼロからスタート小学英単語ゼロからスタート小学英単語
(2010/02/24)
安河内 哲也

商品詳細を見る

 

 また、余裕がない場合でも、最低限アルファベットは正確に書けるようにしてから、中学入学を迎えるようにしましょう。
 私立中学の中には、筆記体まで学習する所もあります。筆記体は必修ではなくなっていますが、こういう文字もあるということに触れておくのも、英語学習の一貫になりますので、お子さんが興味を持ったら春休み中に書く練習をしてもいいでしょう。
 
 
小学英語スーパードリル 1 アルファベット・ローマ字・フォニックス小学英語スーパードリル 1 アルファベット・ローマ字・フォニックス
(2008/07/25)
安河内 哲也

商品詳細を見る


 筆記体の練習はこちら
 
ABC of ENGLISHペンマンシップ―はじめての筆記体練習ノートABC of ENGLISHペンマンシップ―はじめての筆記体練習ノート
(2005/07)
総合学習指導研究会

商品詳細を見る



 *小学生向けの英語の無料プリントはこちら
[ 2011/02/10 18:08 ] 小学生の英語 | TB(0) | CM(0)

新指導要領の準備

 ご存知のように、4月から小学校の教科書は新指導要領により内容が一新されます。
 教材サイトの内容も新指導要領に沿うように全面的に見直している所です。

 現在は算数の教科書の内容を確認しているのですが、今までより前倒しになる単元が増えて来ます。単元だけ見ると、5年生のうちに通分の計算を学習したり、空間図形や場合の数などの単元が増えたりと、中学受験の塾でやる内容に少しは追いついていくのかな?という印象を受けました。
 ただ、今までの「ゆとり」に慣れているお子さんには急激に負担が増えるように感じる可能性があります。塾や通信教育などで先取りして学習している場合とそうでない場合の学力差がますます広がってしまうことも懸念されます。

 今まで学校の勉強になんとかついていっているぐらいですと、授業時間が増えやることが増えてくると、突然学校の勉強が分からなくなってしまうことも考えられます。

 家庭学習が不足している、勉強のやり方がイマイチ分かっていないという場合には、今うちに是非お子さんの勉強法を見直してください。

 まずは、今まで習ったことで分からない所、あいまいな所がないようしっかり復習しましょう。特に基本的な計算や、教科書に載っているような問題は、ほぼ100%出来るようにすることが大切です。
 家庭で出来ることから始めて、どうしても自分では無理な場合のみ塾や家庭教師を考えてみてください。

 また、新しい教科書でどんなことを学ぶのか、教科書を出版している会社のホームページなどで確認することが出来ます。
 例)東京書籍の小学校教科書紹介のページ
 http://ten.tokyo-shoseki.co.jp/text/shou/index.htm
 親御さんも、教科書でどのようなことを学ぶのかを一度確認してみて欲しいと思います。
 
 中学受験を考えているお子さんの場合も、塾の学習は解法や演習が中心になり、どうしてその式になるか?という基本的な部分が抜けてしまうことが多くなってしまいます。新指導要領の算数では「言葉や数・式・図などを使って説明する」という単元が増えてきます。これは応用問題を解く力につながる大事な部分です。
 学校の教科書を使った学習もおろそかにしないで欲しいと思います。

 
小学生の学力は「教科書」中心学習でグングン伸びる!小学生の学力は「教科書」中心学習でグングン伸びる!
(2010/03/23)
親野智可等

商品詳細を見る

 教科書を使いこなすのが基本の勉強のやり方だと教えてくれる本です。

[ 2011/02/03 17:38 ] 小学生の勉強法 | TB(0) | CM(0)
塾に頼らない小中学生の学習法
スポンサードリンク
スポンサードリンク
FC2ブログランキング
プロフィール

ペンギン

Author:ペンギン
30代 東京都在住 女性です
副業で5年以上、学生時代などを含めると,10年以上家庭教師と塾講師をやってきました。
この仕事をしていると時代の移り変わりを感じます。子供達の本質は変らない気がするのですけど・・・
担当教科は小中学生は全教科 高校生は、英語、数学、物理、化学を教えることが多いです。たまに古典とか回ってきますが^^;
英語資格は現在 英検準1級 TOEIC 890点です



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。